Secure Web Gateway

グローバルエンタープライズのWebセキュリティを確保。

動的ウェブコンテンツに潜む洗練された脅威を止めます

最も洗練されたリアルタイム脅威ディフェンスにより、能動的にウェブを保護します - フルコンテンツインスペクション及びインラインセキュリティスキャンにより、リスクを低減し、マルウェアから保護します。

他社との比較

Forcepoint

Zscaler

Symantec

静的プロキシによる統合エンドポイント

フレキシブルな接続とトラフィックリダイレクトオプションにより、Web Security、DLP、CASB、NGFWの単一エンドポイントでグローバルワークフォースのセキュリティを確保。

Full Harvey Ball

Empty Harvey Ball

Empty Harvey Ball

適用の柔軟性

Forcepointのシームレスハンドオフ機能を使用すれば、直接接続による、デフォルトのインライン適用モードと二次的なローカル適用モード間の自動切り換えが可能です。

Full Harvey Ball

Empty Harvey Ball

Empty Harvey Ball

柔軟な展開

希望の方法、時期、場所で展開可能。オンプレミス、ハイブリッド、クラウドから展開オプションを選べ、いつでもクラウドへの移行が可能。

Full Harvey Ball

One Third Harvey Ball

 

Full Harvey Ball

包括的なクラウドアプリケーションセキュリティ

組織全体にわたってクラウドアプリをモニタリング・コントロールし、リスクを検出してセキュリティギャップを解消。

Full Harvey Ball

One Third Harvey Ball

 

Full Harvey Ball

完全なデータ保護

チャネル、デバイス、アプリケーションのデータを、Web、Eメール、エンドポイント、ネットワーク、クラウドにわたって保護。

Full Harvey Ball

One Third Harvey Ball

 

Full Harvey Ball

脅威に対する高度な保護

リモート・ブラウザ分離など、状況に応じ機能を追加することで、絶えず進化する脅威から組織を守ることができます。

Full Harvey Ball

One Third Harvey Ball

 

Full Harvey Ball

免責事項:製品比較は、2020年4月7日時点で同じベンダーから利用できる製品内蔵機能およびクロスポートフォリオの統合に基づいています。第三者ベンダーとの統合は含まれません。機能比較は、2020年4月7日時点で利用可能な各ベンダーの最新バージョンに基づいています。情報は、2020年4月7日時点で利用可能な公開サイトおよびフォーラム、アナリストレポート、製品データシートから収集したデータに基づきます。

ACEによる高度な脅威防御

ゼロデイなど悪意のある脅威からユーザーを保護します。リアルタイムの脅威インテリジェンスとリモートブラウザ分離によりゼロデイの脅威から保護し、暗号化されたトラフィックに対しても詳細なコンテンツ検査を提供し、キルチェーン全体で進化する脅威を検知します。

ACEによる高度な脅威防御

  • クラウドサンドボックスやリモートブラウザ隔離の統合により、ゼロデイ脅威など様々な種類の攻撃を阻止。
  • コーヒーショップやホテルのロビー、空港、その他の防御が及ばない場所であっても、オフィスや移動中を問わず同様のセキュリティでユーザーを保護。
  • ヒューリスティック分析によって新たなマルウェアを特定します。
  • 共通のグローバルインテリジェンスクラウドで、高度な分析と脅威防御を実現。

規制対象データおよび知的財産の盗難を防止

ForcepointのWeb DLPモジュールが業界トップクラスのDLPエンジン(Forcepoint Enterprise DLP)を提供し、Web上でのデータ流出をリアルタイムで保護します。

規制対象データおよび知的財産の盗難を防止

  • Web DLPモジュールによる統合により、世界中のデータコンプライアンス規制に基づく定義済みのDLPルールの膨大なライブラリを利用できるようになります。
  • カスタムDLPルールは辞書や正規表現などの単純な分類子の範囲を超えて、構造化および非構造化データ用の指紋技術を含めたり、機械学習を使用したコンテクスト分析を形成することができます。
  • Web DLPモジュールが使用するForcepointのデータ保護サービスは、ICAP経由による別ノードへのトラフィック送信による遅延を生じさせることなく、Forcepointクラウド内でインライン、リアルタイムでDLPポリシーを実行します。

 

場所を問わず、ユーザーの安全なアクセスを保証

外出先や自宅、企業ネットワーク上でも、すべてのユーザーに対し常時一貫したセキュリティポリシーが適用されます。

場所を問わず、ユーザーの安全なアクセスを保証

  • エンドポイントのトラフィックステアリングのためのシームレスハンドオフ機能によって、2つの異なるエンドポイント適用モード間の自動切換えが可能で、比類ないレジリエンスが得られるほか、使いやすさも抜群です。
  • クラウドベースのWebセキュリティによって、ユーザーの移動時でもセキュリティ対策の一貫性が得られるほか、ユーザー体験のスピードが向上します。
  • リモートブラウザ分離との統合によって、リスクの高いサイトを安全にブラウズできます。

 

業界トップのセキュアクラウドインフラストラクチャ

ほとんどのTier 1ネットワークとのプライベートなパートナーシップを通じてよりスピーディーな接続が実現するとともに、145か国に配備された160以上のPoPによってローカライズされたコンテンツを配信します。

業界トップのセキュアクラウドインフラストラクチャ

  • すべてのForcepointのデータセンターはISO 27001、ISO 27018、SOC 2の規格に完全準拠しているため安心です。
  • すべてのForcepointのデータセンターは、Always-On接続を提供しており、99.99%のアップタイム、完全な冗長、エラー耐性を備えたTier 4として認定されているため信頼を置けます。
  • コンテンツのハイパーローカリゼーションで優れたエンドユーザー体験を提供します。
  • MicrosoftやGoogle、Amazonをはじめとする幅広いソフトウェアパートナー。

 

フレキシブルにクラウドに移行

展開の時期や場所、方法、またクラウドへの接続場所や方法も、希望に応じてお選びいただけます。

フレキシブルにクラウドに移行

  • 単一のSKUにより独自のペースでクラウドに移行。都合に合わせて展開アーキテクチャを切り替えられ、追加のサブスクリプション費用も不要。
  • デジタル変革の各段階に応じたクラウドアプリケーションのセキュリティレベルで、独自のペースでクラウドアプリを制御。
  • ユーザーの保護やデータの接続方法に合わせた、顧客中心の接続オプション。
  • SD-WANの追加による、クラウドへの直接接続。

 

Forcepoint SWGが選ばれる理由

ACEによる高度な脅威防御

ゼロデイなど悪意のある脅威からユーザーを保護します。リアルタイムの脅威インテリジェンスとリモートブラウザ分離によりゼロデイの脅威から保護し、暗号化されたトラフィックに対しても詳細なコンテンツ検査を提供し、キルチェーン全体で進化する脅威を検知します。

ACEによる高度な脅威防御

  • クラウドサンドボックスやリモートブラウザ隔離の統合により、ゼロデイ脅威など様々な種類の攻撃を阻止。
  • コーヒーショップやホテルのロビー、空港、その他の防御が及ばない場所であっても、オフィスや移動中を問わず同様のセキュリティでユーザーを保護。
  • ヒューリスティック分析によって新たなマルウェアを特定します。
  • 共通のグローバルインテリジェンスクラウドで、高度な分析と脅威防御を実現。

規制対象データおよび知的財産の盗難を防止

ForcepointのWeb DLPモジュールが業界トップクラスのDLPエンジン(Forcepoint Enterprise DLP)を提供し、Web上でのデータ流出をリアルタイムで保護します。

規制対象データおよび知的財産の盗難を防止

  • Web DLPモジュールによる統合により、世界中のデータコンプライアンス規制に基づく定義済みのDLPルールの膨大なライブラリを利用できるようになります。
  • カスタムDLPルールは辞書や正規表現などの単純な分類子の範囲を超えて、構造化および非構造化データ用の指紋技術を含めたり、機械学習を使用したコンテクスト分析を形成することができます。
  • Web DLPモジュールが使用するForcepointのデータ保護サービスは、ICAP経由による別ノードへのトラフィック送信による遅延を生じさせることなく、Forcepointクラウド内でインライン、リアルタイムでDLPポリシーを実行します。

 

場所を問わず、ユーザーの安全なアクセスを保証

外出先や自宅、企業ネットワーク上でも、すべてのユーザーに対し常時一貫したセキュリティポリシーが適用されます。

場所を問わず、ユーザーの安全なアクセスを保証

  • エンドポイントのトラフィックステアリングのためのシームレスハンドオフ機能によって、2つの異なるエンドポイント適用モード間の自動切換えが可能で、比類ないレジリエンスが得られるほか、使いやすさも抜群です。
  • クラウドベースのWebセキュリティによって、ユーザーの移動時でもセキュリティ対策の一貫性が得られるほか、ユーザー体験のスピードが向上します。
  • リモートブラウザ分離との統合によって、リスクの高いサイトを安全にブラウズできます。

 

業界トップのセキュアクラウドインフラストラクチャ

ほとんどのTier 1ネットワークとのプライベートなパートナーシップを通じてよりスピーディーな接続が実現するとともに、145か国に配備された160以上のPoPによってローカライズされたコンテンツを配信します。

業界トップのセキュアクラウドインフラストラクチャ

  • すべてのForcepointのデータセンターはISO 27001、ISO 27018、SOC 2の規格に完全準拠しているため安心です。
  • すべてのForcepointのデータセンターは、Always-On接続を提供しており、99.99%のアップタイム、完全な冗長、エラー耐性を備えたTier 4として認定されているため信頼を置けます。
  • コンテンツのハイパーローカリゼーションで優れたエンドユーザー体験を提供します。
  • MicrosoftやGoogle、Amazonをはじめとする幅広いソフトウェアパートナー。

 

フレキシブルにクラウドに移行

展開の時期や場所、方法、またクラウドへの接続場所や方法も、希望に応じてお選びいただけます。

フレキシブルにクラウドに移行

  • 単一のSKUにより独自のペースでクラウドに移行。都合に合わせて展開アーキテクチャを切り替えられ、追加のサブスクリプション費用も不要。
  • デジタル変革の各段階に応じたクラウドアプリケーションのセキュリティレベルで、独自のペースでクラウドアプリを制御。
  • ユーザーの保護やデータの接続方法に合わせた、顧客中心の接続オプション。
  • SD-WANの追加による、クラウドへの直接接続。

 

当社の顧客

Forcepointが選ばれる理由

Genuine parts
"With Forcepoint, we were able to help improve business performance while improving the overall security of our business. I deal with vendors every single day. I don't need vendors. I need partners. I need partners to help us solve our strategic problems

Damian Apone
GPC、グローバルセキュリティプログラム ディレクター

Four Star
"Our organization utilizes over 83 third-party applications. Anytime we can simplify a system we aim to do so. Forcepoint allowed us to fulfill our web security needs by moving to a cloud environment which is invaluable to us."

Cody Taggart
メディカルアーツホスピタル、システム管理者、2D4-99E-260

ForcepointのSWGは、クラウドコンピューティングセキュリティ及びセキュアウェブゲートウェイの両分野においてTrustRadius 2021にて最も高い評価を得ています。
Customer
2019年度「Gartner Peer Insights Customers' Choice」受賞の当社製品の詳細を、ぜひご確認ください

業界からの声

ForcepointがWebセキュリティを牽引する理由

Gartnerのレポート:"2021 Gartner Strategic Roadmap for SASE Convergence."
レポートのダウンロード (英語)

質問は、クラウドセキュリティ専門家にお問い合わせください。