暗黙的な信頼ではなく、操作ごとに明確な許可を付与

リモートワーカーがいる環境では、企業のシステムとデータの安全を確保するための新しいアプローチが必要です。ゼロトラストにより、次をより効果的に行うことができます。

  • ネットワーク内への脅威の侵入を防止
  • データへのアクセスだけでなく、その使用をコントロール
  • リスクを創出しているユーザーを継続的に把握

ネットワーク内への脅威の侵入を防止

Zero Trust Network Access(ZTNA) を使って、リソースの利用を必要とするユーザーに限定する

未管理BYODと管理デバイスを識別する

ネットワーク、アプリ、データをセグメント化し攻撃にさらされる機会を制限する

データへのアクセスだけでなく、その使用をコントロール

機密データが使用および保存されている場所を把握

クラウドワークロード、SaaSアプリ、ネットワーク、エンドポイントなどあらゆる場所のデータセキュリティポリシーを統合する

ユーザーアクションに基づき、データ転送権限を動的に剥奪する

リスクを創出しているユーザーを継続的に把握

ユーザーを主張する人物を検証する

危険な行動パターンを早期に検知する

リスクが違反に発展する前に自動的に措置を実行する

ゼロトラスト製品

Dynamic User Protection – ユーザーの行動に基づく機密データの管理

Identify Risks

違反に発展する前に危険な行動を特定します

Educate Users

それぞれのユーザーアクションに基づき自動的にセキュリティをカスタマイズします

Secure Data

生産性を妨げることなく最も必要な場所のセキュリティを強化します