Data Guard

セグメント化されたネットワーク間での、コストと時間のかかる機密データの手動転送を排除

政府機関間・機関内において、協働や情報共有を安全に遂行する必要性はますます高まっています。サイバー攻撃の侵入やデータ損失の脅威から機密データを保護するには、最も安全な方法のみを使用する必要があります。

データの共有や移動は、顧客のミッションを迅速かつ正確に実行する上で不可欠です。ForcepointのData Guard(機密情報保護)は、リアルタイムのストリーミングビデオを含む非常に複雑なデータを、複数のドメイン間において双方向で自動転送できる機能で、政府環境にある高保証のセキュリティ要件を対象としています。

国家安全保障の機密データに最高レベルの保護を必要とするお客様に最適なオプション。それがForcepointのData Guardです。

メリット

柔軟なデータ検査エンジンを提供

幅広いデータタイプやセキュリティポリシーに適応可能

バイトレベルのコンテンツ検査、データ検証、フィルタリング

OS syslog、バイナリ監査、データ転送ログのローカルログ統合

複数の機密ネットワークやクラウド間でビッグデータを自動転送する際の、非常に複雑な要件に幅広く対応