新しい働き方から派生する新たな脆弱性

すべてに対応できるユーザー中心のセキュリティプラットフォームの時代が到来。

データの安全を確保することは、1つのオフィス内であっても容易ではありません。誰もが自宅から仕事ができるようになった今、これはますます複雑化しています。あらゆる場所へのクラウドアプリケーションのデータ拡散や、管理されていないデバイスの頻繁な利用などを背景に、攻撃件数はかつてないほどに増加しています。

クラウドアプリの可視性とコントロールを確保

管理デバイス/未管理デバイス別に異なるポリシーを適用する

クラウドアプリに応じて移動できるデータの種類を制御する

高リスクアプリのブロックを自動的に実行する

管理されていない自宅勤務環境のデータを保護

機密データの印刷をブロックする

ユーザーによる重要なIPの転送を抑制する

管理デバイス/未管理デバイスで適切にEメールを保護する

社員の認証情報の侵害やデータ窃取を阻止

マルウェアのダウンロードを阻止する

ランサムウェアへの疑わしいリンクを排除する

特権ユーザーアクションに起因するデータ漏えいを防止する

当社の顧客

フォースポイントが選ばれる理由

ForcepointのEnterprise DLP、Gartner Peer Insights 2020 Customers' Choiceを受賞
リモートワーカー向け製品

Cloud Security Gatewayで自動的にリモートワーカーのセキュリティを確保

クラウド、Web、エンドポイントなど社員が業務を遂行するすべての場所における統合されたデータ保護を実現します

業務を合理化し、セキュリティハードウェアのニーズを排除します

マルウェアやランサムウェアが起動する前に集中型セキュリティサービスを使ってこれらを停止します

単一プラットフォームですべてのリモートワーカーを保護する準備は整っていますか。いつでもご相談ください。

このフォームを送信することは、当社の利用規約に同意し、当社のプライバシーステートメントを理解したことを意味します。いつでも配信サービスの管理から登録解除できます。