複雑な規制を受ける業界のセキュリティ対策は、大幅に改善されることはないものの、コストは増加の一途をたどっています

60

ユーザーごとに最大60もの個別ネットワークを利用

セグメント化ネットワークにより強固にコンパートメント化されたセキュリティが実現できますが、コスト面はどうでしょうか。

2x

運用保守担当者のニーズが倍増

ハードウェアの量や環境の複雑性により、担当者のニーズがほぼ倍増しています。

$

予算は引き締め方向

セキュリティと組織的なニーズは年々増加していますが、これに応じて予算は増加されていません。

多くの企業が持ち合わせてない、クロスドメインセキュリティの適切なツール

Proxy Security

複雑な環境

個別のデスクトップエンドポイント、プリンター、その他のハードウェアのコストと保守ニーズは増大しています。

Admin Control

手動のプロセス

データやファイルの移動には、リスクの高い外付けメディアが必要で、手動プロセスは長い時間を要します。

Traffic Security

厳密なセキュリティ

現行のソリューションは、A&A(評価および承認)やRaise-the-Barガイドライン、一般基準要件を満たしていますか。

Forcepointは、米国NCDSMOが唯一認めた、アクセスと転送ソリューションを提供するCOTS開発者です。

ハードウェアおよびインフラストラクチャのコスト削減

  • 追加エンドポイント(ネットワークごと)のプロビジョニングコストを低減し、ハードウェアの重複を排除しながら、多様なデバイスからの仮想ネットワークへの同時アクセスを実現する。
  • 防衛関連の顧客の例では、ユーザーのデスクトップ環境において250万ドルの節約を達成しています*
  • プリンター統合の例では、18の施設において施設ごとに4台とした結果、ハードウェアおよび印刷関連コスト回避として20万ドルを達成しました*

プロセスの自動化と複雑性の低減

  • 管理するハードウェアや外付けメディアを低減することで、セキュリティ体制に影響を与えることなく運用保守(O&M)担当者数を同等に維持あるいは縮小する。防衛関連の顧客の例では、130万ドルの節約を達成した*
  • 手動のデータおよびファイルの転送プロセスを自動化することで、スキルの高い人材をより有効に活用することが可能になり、組織のセキュリティへの取り組みも強化される。防衛関連の顧客では、2年間で合計700万ドルに相当する389%もの投資収益率(ROI)を達成した。**

*Forrester Total Economic Impact™調査

**Forrester Total Economic Impact™調査:High Speed Guard

最強のセキュリティプロファイルを実現

  • Forcepointのクロスドメインソリューションによって、データセンターやクラウド、これらのハイブリット環境でデータが保存されているサーバーの集中管理が可能になる。
  • クロスドメインの転送保護により、エラーやポータブルメディアのリスクに妥協することなく、必要に応じて必要な場所でファイルやデータが利用可能になる。Trusted Gateway Systemの顧客は、「日常業務の一部になったEメールのように、これがない状況はもう想像できない」と述べている。*
  • 米国NCDSMOのTSABIおよびSABIベースラインリストに記載のForcepointクロスドメインソリューションは、NSAのRaise The Barガイドラインを満たし、CDM(継続的診断およびリスク軽減)の認定製品リスト(APL)にも記載されている。

*Forrester Total Economic Impact™調査

関連製品