Forcepoint X-Labs

行動と脅威インテリジェンスの革新と統合させたパイオニア

サイバーセキュリティ研究者、人間行動研究者、データサイエンティスト、対諜報活動の専門家が集結した業界唯一のラボ。

 

人間と機械の行動、重要なデータの動きを理解することで、応答型ではない事前対策的な保護を実現します。

フォーカスされる分野

人の行動

行動インテリジェンスから得たインサイトをサイバーセキュリティに適用

脅威および行動インテリジェンス研究

より強固なサイバー保護ソリューションのために、最新の脅威および行動インテリジェンスを適用

AIおよびデータサイエンス

機械学習と行動分析からの情報を活用

革新的アプローチ

従来の脅威インテリジェンスに、行動インテリジェンスからのインサイトを追加

Adaptive Trust Profile

Adaptive Trust Profile™(ATP)は、Forcepointの集中型セキュリティプラットフォームの核となる構成要素です。ATPは、技術ではなく、各エンティティに人工知能と分析、一連のリスクを適用することから導出されるエンティティに関する属性、モデル、推論の集合体です。セキュリティ専門家はATPを活用することで、ビジネスおよび社員に最も高いレベルのリスクを課すようなエンティティ対策に注力することが可能になります。このアプローチによって、当社はお客様を反応型、バイナリ、イベントベースのアプローチから脱却させ、リスク適応型保護への移行を実現できます。

Cyber Behavior Catalog

Cyber Behavior Catalog™は、実際の人および機械の行動に対する多くの異なるデータソースや時間についての観察結果のマッピングを可能にします。こうした行動は、行動モデルの構成要素であり、Adaptive Trust Profileの生成と活用をサポートします。

行動および脅威インテリジェンス

行動および脅威インテリジェンスからのインサイトは、Forcepointポートフォリオの製品が有する、データや従業員、マシンの動的かつ適応型保護を提供する能力を継続的に向上させます。

X-Labsの専門性

X-Labs Team at Forcepoint

ラボは、認知科学、物理学、エンジニアリング、ビックデータ、人工知能、セキュリティ研究の専門知識を持つ研究者で構成されています。政府機関や研究ラボ、世界トップクラスの技術系企業など、その背景は多種多様です。

関連リソース

Thinking About Thinking: Exploring Bias in Cybersecurity with Insights from Cognitive Science

レポート

Thinking About Thinking: Exploring Bias in Cybersecurity with Insights from Cognitive Science
Read the Report

レポート

Identifying Insider Threat Through Analysis of Data-at-Rest
Read the Report